Fさんの隣地との境界線についての相談

Fさんは隣地との境界で長い間トラブルを抱えていた。解決方法の相談
土地の調査を行い、土地家屋調査士と相談をし 隣地所有者が主張している境界筆界について
ADR(裁判外紛争解決手続き)を進める。
結果は、解決せず筆界特定制度を利用し、裁判所に判断を委ねた。
そして、代理人として司法書士を紹介し、土地の測量が必要の為、土地家屋調査士を紹介した。

PAGE TOP